口腔内3Dスキャナー
Aoralscan

口腔内3Dスキャナー Aoralscan

特徴

簡単操作とパウダーフリーで
患者様のストレスを軽減

パウダー不要で、シンプルに口腔内スキャンが実現可能、患者様のストレス軽減につながります。また、3D空間マウスにより、キーボード操作を無くすことでより無菌治療を実現します。
また、一時間以内の勉強で、スキャン方法が学習できるほど操作が簡単です。

リアルな色彩を再現、
AI搭載によるスマートなデータ処理

光の構造具体化技術で、歯と歯肉のフルカラー3Dデータをダイレクトに採得可能にしました。リアルタイムスキャンでは、リアルな色を実現、明確なマージンラインがスキャンできます。
さらに、AI搭載で頬側/舌側などの様々なデータを自動的に識別し、粘膜などをスキャン時に削除。自動的なデータの最適化を実現しました。また、スキャン漏れが発生しても、再トレース機能によってデータをスムーズに揃えます。臨床に適応する高品質なスキャンデータを簡単に取り出せます。

臨床用ツールキット搭載・
様々な用途に適応

臨床用ツールキットによって、クリニックでのスキャンデータ確認が可能に。様々な機能が搭載されています(図参照)。クリニックと技工所のやりとりのスムーズ化、高品質な技工物の作成を実現します。
また、完全オープン方式により様々な症例・治療にも適応。柔軟性のあるワークフローで、チアサイドシステムでも「クリニック+技工所」の統合治療でも、簡単にデジタル対応を提供可能です。
適応症例:フルクラウン、インレー/アンレー、ペニア、矯正(*法律により先生や技工士の研究用)、ブリッジ、インプラント

仕様

スペック

スキャンフィールド 11mm × 11mm
スキャン原理 (DLP)構造化ライトを備えた非接触スキャナー
サイズ 横280mm × 縦40mm × 高50mm
重さ 325g(ケーブルなし)
出力データ STL、OBJ
コネクタ USB 3.0
電源入力 5Vdc/2A

環境要件

動作温度 10~40°C
保管/輸送 温度 -25°C~60°C
動作高度 3000m
保管/輸送 湿度 30%~75%
MTBF 14,600時間(DMD / LED を除く)
空気圧 700hPa~1060hPa

パソコンスペック

CPU Intel i7-7700
RAM 16GB
Graphic Card NVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)
HDD 1TB SATA(7200 RPM 6.0Gb/s)
I/O ports 3 Type-A USB 3.0
OS Windows 10 64Bit

動画

サービスについてのお問い合わせ、資料請求などはこちらのフォームよりお願いします。

お問い合わせフォームはこちら