2016.07.5

訪日客 最速で1000万人 5月15%増、地震で伸び鈍る

2016/6/15 21:55 日本経済新聞

観光庁は15日、2016年の訪日外国人が6月5日時点で1000万人を超えたと発表した。7月半ばに1000万人を超えた昨年より1カ月以上早 く、過去最速のペースだ。日本政府観光局が15日に発表した5月の訪日客数は前年同月と比べて15.3%増の189万3600人。5月としては過去最高を 記録したが、伸び率は鈍ってきた。

訪日客は13年に初めて1000万人を超え、15年は1974万人だった。今年1~5月は前年同期比29%増の973万人。地域別では、中 国が45%増の249万人、韓国が29%増の204万人だった。台湾を加えた3カ国・地域で全体の6割超を占め、アジアからの流入が際立つ。

ただ訪日客は前年を上回るペースで増えているが、伸び率は鈍化している。 政府は20年までに訪日客を4000万人に増やす目標をつくった。世界経済の減速や円高傾向は訪日客に逆風。田村長官は「昨年のような高い伸びは維持できないが、5月は熊本地震の影響が大きい」と指摘した。

サービス内容、お見積りなどのお問い合わせはお問い合せフォームにてお願いします。

お問い合わせフォームはこちら